FC2ブログ

のーてんき夫婦のログハウス狂想曲

冬景色 3

晴れて青空なのにものすごい勢いで雪が降っている
地面にはくっきりと樹の影が映るのに
どこに雪雲があるのだろうか
こんな摩訶不思議な天気もある東北の冬
f3196.jpg

その冬の生活で一番重要なのは薪
薪ストーブだけで家中を暖めているのと
お風呂を沸かすのも薪なので
薪の確保は不可欠なのだ

この地を開拓した時から
不必要な木や立ち枯れていた木などを
寄せて立てかけ取ってあったのだが
それらを順次40cmの長さに切って使っている

薪小屋にもまだしばらく使える分は取ってあるし
長いまま立てかけてあるのもまだかなりの本数がある
それらは切ってから長いものは8年にもなるので
乾燥しきって薪としての質は悪い

とりあえずこの冬使用する分と
来年使う量の一部はなんとかなるはずだが
来年の冬安心して使える分は
今から手当しておきたいと思っていた

そんな時市の広報の地域版に入っていたチラシ
河川敷の桑の木を切ったので欲しい人にくれるという
早速電話で申し込んだ

取りに行く日が決まり軽ダンプで北上川の河川敷へ
我が家の車では運べないので軽ダンプはAさんから借りたのだ
何かとAさんにはお世話になってばっかり

河川敷には今度桜を植えることになったそうで
邪魔になった桑の木を盛大に切り倒したそうだ
申し込んだ人が多く分配したそうだが
それでも人家族に軽トラ三台分ほどはあるとのこと

河川敷に軽ダンプで降りると
1m程にカットした木が何十本かずつ山になっていて
その山がいくつもいくつもある
トラックが入れない場所のものは自由に持って行っていいそうだ
f3193.jpg

その山のうち4番から11番までの山が我が家の分
とても軽トラ三台分とは思えない量
せっせと軽ダンプに積んで山家荘迄運び、下ろす
河川敷に戻ってまた積み込み、運んで下ろす
f3191.jpg

午後からの作業だったのでその日は3回しか運べず
翌日も午前中いっぱいかかり運び終えた
結局6回運んだことになる

それからは運んできた木を40cmに切り
薪小屋に来年分として積む作業が始まった
太さが10cm程の細いものはチップソーで切れるが
太いものはチェーンソーでないと切れないし
薪割りもしなければならない

以前Sさんと薪割り機を買おうかと話をしていたのだが
具体的に進んではいなかった
ここに来て薪木がないとかなり大変な作業になるので
薪割り機を早急に入手しなければならなくなった

寒くて風呂小屋づくりをお休みしているところなので
薪づくり作業に力を入れられる
残っている古い木も切らなければならないし
しばらくは木と格闘の日が続くことだろう


おまけ
まだ1月も終わらず寒い日が続くのに
フキノトウが頭を出している
f3201.jpg
早速フキノトウのパスタを作って胃の腑に納めてしまった









にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 一関情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2017/01/25(水) 21:43:58|
  2. 記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad