FC2ブログ

のーてんき夫婦のログハウス狂想曲

お洗濯が大変です

朝晩は涼しく過ごし易いのに
昼間はものすごく暑く、カンカン照りの日が続く

作業をしていると汗がすごい
それこそ下着から靴下、Tシャツまでびしょびしょになる
昼食のために小屋に帰ってまず水浴び
シャワーなんぞと言うものが無いので、残り湯で汗を流す
午後の作業の後また汗を流す

毎日こんな具合なので着替える回数が多く、洗濯物が大量に出る
かなりの枚数の下着や靴下は用意してあるのだが
なくなってしまうと困るのでこまめに洗濯をしなければならない
朝に洗濯をして外に干し、午後は取り込んで部屋干し

午後に取り込んでおかないと、
急な天気の変化で雨に降られたことが何回かあるのだ
東京の雨と違って雨に降られても洗濯物が汚れることはないが
それでもせっかく乾いているのを濡らしたくはない


お天気に恵まれて過ぎて、作業効率が下がっている
日向で作業をしていると暑くて頭が痛くなってきたりするのだ
熱中症も怖いので、木陰でやれる作業などに限定されてしまったり
日向でも短時間で切り上げたりする

日陰でできる作業として、オトーちゃんは薪小屋の橋作り
小屋はできたのだが、小屋に入る橋ができていなかった
橋はネコ車が通れなければならないのでそこそこの幅と強度が必要だ
a9205.jpg
a9421.jpg
橋を渡す地面のほうが傾斜してるので
土台のレンガを水平に置くのに苦労した
板をカットしたり塗装したり
組み立てるまではもう少し時間がかかりそうだ


奥ちゃまは野焼祭りの作品を運ぶ箱作りをした
藤沢町に行く道はくねくねと曲がりくねっていて
車で運ぶ時にそのまま作品を載せるとあちこちにぶつかったりする恐れがある
あれこれ考えた末に木製の作品より少し大きめの箱を作ることにした

箱は角材の切れ目に手をかけて持ちやすくし、
作品全体を入れる箱だと大きく重くなるので高さは半分くらいにする
箱に作品を入れ、作品と箱の間は新聞紙を丸めてつめる
新聞紙がクッションとなってゆれてもどこにもぶつかる心配が無い

奥ちゃまはこういった箱を作ったことが無いので
土台の部分はオトーちゃんに作ってもらった
周りの部分はカットから組み立てまでやってみた
奥ちゃま丸ノコ初体験
a9435.jpg

丸ノコは重く力があるので慎重に作業する
角材は手ノコでカットしたが、なぜかいつも少し斜めにカットされてしまう
のこぎりを真っ直ぐ引けるようにならないと、
精密なものを作るときには問題が出るので、早くノコ引きの精度を上げねば

実はドリルを打つときも少し斜めになってしまう癖がある
なかなか癖は直らないのだが、気をつけてこれも早く直さねばならない

材料はありあわせのベニヤと角材
箱の高さを30cmにしたかったのだがベニヤの長さが足りず
左右は30cmあるが、前後は残りで我慢することにした
ちょっとかっこ悪いがかなり丈夫そうな箱が完成した
a9448.jpg

出来上がった箱は部材にばらして土台部分に空気抜きの穴を開けた
作品を乗っている板からこの土台に移すと
土台に開けた穴から空気が入って、内部が乾燥しやすくなるはずだ
現在作品はお隣Yさんの温室をかねた作業小屋で天日干ししている

天日干しといっても完全に露天だと急な雨などに対処できない
壁が無いと朝のもやなどで濡れる恐れがある
山家荘には天日干しに適した場所が無いので
Yさんのところに置かせていただいているのだ

時々見に行って作品を回転させている
今のところ乾燥は順調だ
後はお祭り当日を待つのみだ


今年もSさんから沢山のプラムや野菜をいただいた
a9406.jpg
a9427.jpg
プラムが沢山あるのでWさんにおすそ分けに行ったら、
そこでも野菜をいただいてしまった
欲張りの奥ちゃまは頂き物に囲まれてご満悦なのだった









にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 一関情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2012/07/31(火) 22:55:19|
  2. 記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad