FC2ブログ

のーてんき夫婦のログハウス狂想曲

過疎地にこそ通信インフラを

ここのところ朝晩に気温の低い日が続く
お彼岸も近く、そろそろ秋の気配だ

先週の台風以来お天気はあまりよくなく
20日からは雨の日が続いた
8435.jpg

外の作業が出来ないので、
一ノ関に買出しに行ったり、
Sさんとおしゃべりをしたりする
また移住者の先輩で、町おこしに一役買っているTさんとともに
光ケーブルのことで市役所に掛け合いに行った

私たちの入手した土地は町の住民でさえ「田舎」というくらいの過疎地だが
それでもJRの駅まで車で10分しかかからない
駅の周辺は、スーパーが3つにホームセンターも2つあり
生活するのにはまったく不便が無い

おまけに「岩手の湘南」といわれているらしく、雪も少ない
土地の人たちは移住者にとても暖かく接してくれる
首都圏にもアクセスが良く、
生活にも便利なのに奥深い田舎のようで、とても良いところだ
出来れば多くの人に紹介したい地域だ

だが過疎地にどうしても必要と思われる通信インフラが弱い
退職者が増え、田舎暮らしをしたいという人たちは増えるだろうが、
今生活に便利でも、将来もっと年を重ねたときのことを考えると
二の足を踏む人も多くなる

通信インフラが整っていれば、地域のネットワークを作り、
結いの精神で、高齢者同志が助け合い暮らしていければ、
過疎地であっても長く生活が続けられることになる

そしてそのネットワークが医療関係者や都市に住む家族とも繋がれば
お互いの安心、安全につながり心強いというもの

また震災後はサテライトオフィスなども少しずつ導入されているという
ということは通信インフラが整えば
若い人でも田舎暮らしをしながら仕事が出来る環境も作れるということだ

ただ過疎地は採算が合わないといって、光ケーブルはなかなか引いてもらえない
そこで行政も、町の活性化や人口増加を目指して
通信インフラの整備を後押ししてもらえないか、と相談に行った

Tさんとはこんな考えから市役所に行ったのだが、
役所としては、一般企業に口出しは出来ないが将来的なことは考える、
との返事はもらったが、果たしてどうなることやら

ただ後日NTTから連絡をいただき、担当の方と会うことが出来たので、
こちらの希望を直接伝え、先行投資と思ってほしいとお願いをした
この結果がどうなるかは、未だ分からない


23日には近くの公園で「花泉元気市」が開かれ、
農産物目当てに行ってみた

8478.jpg
小学生による伝統の踊りが披露されたり、餅つきがあったり
なかなかにぎやかなお祭りだったが、
農産物よりも、古着や食べ物を売る店がほとんどだった
そして秋の花粉症に悩まされている奥ちゃまは、
ぐすぐすしながらも、もちろん餅つきに参加をしたのだった
8485.jpg


8381.jpg
雨の後は気温が下がり気味で、秋の気配だ
そろそろ寒さに備えておかないといけないということで、
窓の隙間や、障子の隙間をふさいだり、
夏物を片付けるなど、やることが沢山ある

そんなこんなで、あまり作業をしないで日々が過ぎていった









にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 一関情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2011/09/27(火) 22:02:57|
  2. 記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad