FC2ブログ

のーてんき夫婦のログハウス狂想曲

秋の味覚

我が家で採れる食べられるキノコと言えば
ボリボリ(本当の名前は知らない)くらい
ボリボリは良い出汁が出るので
大歓迎なのだが
なぜだかあまり収穫できない
だがご近所さんではおいしいキノコが採れるようだ

Sさんの家ではハツタケとアミタけがたくさん採れる
ハツタケは炊き込みご飯などにするそうだ

今年はアミタケが大収穫とのことで
沢山おすそ分けいただいた
アミタケは傘の後ろを見ると網状になっており
結構見分けがつきやすい
h5452.jpg

h5453.jpg
アミタケを湯がいて大根おろしで食べる
これがまた絶品だ
ヌルっとした口当たりと優しい味
いやーうらやましいと我が家の中を歩いてみたが
全くアミタケは出ていなかった


他にもYさんからマッシュルームのようなキノコをいただいた
名前はよくわからないのだが
形も色もマッシュルームみたいだ
h5455.jpg

このきのこは味はほとんどないのだが
口当たりがシャキシャキしていて
カレーやハヤシライスに合うという

早速欧風カレーと思い作ってみた
本当に味はほとんどなくマッシュルームみたいだ
カレーの他にもキノコオムレツが良いのではと思い
これまた作ってみた
口当たりがシュキシャキでキノコを食べた感がある

Yさんはこれは毒キノコだよと言って
テングダケを見せてくれた
一見きれいなキノコだが猛毒
h5454.jpg

キノコは5000種類ほどあり食用は数が少ないそうだ
なのでキノコの見分けは難しく
例年キノコ中毒が発生したニュースを見る
キノコ慣れしていない二人組は
キノコ狩りなどはご法度
美味し食べられるものをいただくという
一番安全なところで頑張って(?)いる


今年は柿の成るのが遅かったのだが
例年通りSさんからごっそりいただき渋を抜く
Sさんには「この柿のオーナーは私た二人組」
と言われるほどずうずうしくもいできてしまった
いつもいつもありがとうございます

他にもご近所さんからカリンをいただいた
カリンはお酒にするようだが
お酒が飲めない二人組は
シロップとジャムを作るべく
実が熟すのを待っている
h5451.jpg

秋はいろいろな食材があり
それらをいただくばっかりの二人組は
何でもかんでもありがたく食してしまうのだった









にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 一関情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2019/11/02(土) 19:24:42|
  2. 記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あっという間に秋が深まり

最低気温が10度を割るようになった
ということで薪ストーブの登場
先日煙突掃除も終わったので安心して使える
まだ10月、日中は結構暖かいので
ストーブは朝1時間ほど焚くのみですんでいる


山家荘は標高が100メートルと高くはないので
まだあまり紅葉は見られないのだが
それでも中にはきれいに色づいたモミジがあったり
名前はわからないが一部紅葉している木もある
h5447.jpg

h5435.jpg

いつも寒くなってくると赤い実を付ける木に
たくさんの実がついていたりもする
また冬に咲く山茶花がつぼみをたくさん持っていて
今から花開くのが楽しみだ
h5436.jpg


山家荘は落葉樹が多いので落ち葉も半端ないが
一番困るのがタラの木
タラの木は木にとげがあるだけでなく
葉っぱの付いている枝部分もとげが生えていて
その枝がばらばらと落ちてくるのだ
h5444.jpg

枯れ枝は色が黒く汚くて
他の落ち葉や枯れ枝のように風情がない
タラは葉や枝だけでなく終わった花も真っ黒で
それも一緒に落ちてくるのだ
h5445.jpg

確かに春のタラの芽は美味しくて大好評だし
山家荘にはたくさん生えているので
あちこちおすそ分けして喜ばれているのだが
秋になると春の恩恵がチャラになるほど
あたり一面汚らしくなる

タラの枝や葉は他の葉や草のように
土の養分となるため無くなっていかず
ただ汚らしくいつまでも残ってしまう

あちこちに落ちたタラの葉や枝、花を集め
あたりに木がなくある程度広い場所に集め
お天気や風の具合を見て焼くしかないのだ

以前に焼却炉で焼いたのだが
量がかなりあるので簡単に焼くことができず
このあたりでやられている野焼きの要領で焼却した
h5450.jpg

h5448.jpg
ただまだ枯れておらずこれから落ちてくる枝もあるので
もう一度焼かなければならないとは思うが
まずは目の前の汚い枝だけでもなくなって
せいせいしたというのが今の気分だ


おまけ
家のすぐ近くをメスの生地が歩いていた
網戸越しに撮ったのでちょっとピンボケ?
h5442.jpg









にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 一関情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2019/10/25(金) 16:43:04|
  2. 記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昔に戻って大騒ぎ その2

昨晩もおしゃべりが止まらず
どうしてこんなに話題があるのかと不思議なくらい

さて今日は世界遺産中尊寺へ
猊鼻渓には付き合ってくれたオトーちゃんは
オ*さん3人組の面倒見は疲れたということで
3人だけで行くことにした


旅慣れている妹が
一関からタクシーで本堂近くの駐車場まで行くと
歩くのも楽で良いと教えてくれていた

その通りに本堂の下の駐車場で下車
階段を上がると月見坂から続く道に出る
本堂を参拝し途中のお堂にもお参りしながら金色堂へ行く
観光客もそこそこ多いが混雑というほどではない
h5423.jpg

いつもは月見坂を登ってくるので
疲れてしまって他のお堂を見るなんてことはなかった
今回足も疲れていないので
沢山のお堂やお土産物屋ものぞいて歩く


高校生のときに3人で来たらしい(記憶があやふや)が
よくおぼえてはいなかったのと
坂道を登らず疲れていないのとで金色堂もゆっくりと拝顔
まじまじと1000年近く前の技術のすごさを見る
今までパッと見て過ごしてしまったところなども
ゆっくりとみることができた
h5424.jpg

金色堂を出て参道の奥にある白山神社の能舞台も見て
あちこちきょろきょろしながら山を下る

「確かに月見坂を登るのはきついね」などと話しながら
途中のお堂をお参りしたりおみやげをみたりしながら
坂を下りいざランチタイム

器のわりに中身が少ないなんぞと言って食べ始めると
それが結構な量
ずんだ餅のデザート付きのランチを済ませ
お土産もゲット

オ*さん3人組はちょっとくたびれたのと
地元のスーパーを見てみたいとのリクエストで
花泉に戻ることにした
その戻りの電車で行きの電車でもお会いした方に会いびっくり
車中での写真を撮っていただいた
h5426.jpg


おかげで家についてもへとへとになることはなく
ゆっくりお風呂に夕食と
その後はおしゃべりタイムの始まり始まり

あっという間の3泊4日
何年会っていなくても
すぐにあの時代に戻れてしまうこの不思議
次回会えるのは何年後か?
何でも良いからいつでも遊びにおいでよね!!









にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 一関情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2019/10/19(土) 18:51:04|
  2. 記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昔に戻って大騒ぎ その1

高校生当時仲の良かったお友達が二人来てくれた
会うのは12年ぶり
お互い**を迎えた(一人は”る”)ということなのだが
会えばすぐに数十年前に戻り
キャーキャー、わーわー大騒ぎ
おしゃべりが止まらないので声も枯れる始末

集まる前までは3人で一緒に寝ようなんて思っていたが
おしゃべりが止まらないのでその日のうちに奥ちゃまは退散し
二人は一応の客間へ(そのあとも声が聞こえたけど)


翌日はお天気も良く奥ちゃまが行きたかった猊鼻渓へ
その前に美味しいランチをと市内に行く
「富沢」はお魚屋さんがやっているお店
奥ちゃまお勧めの海鮮丼で腹ごしらえ

市内から猊鼻渓は30分ほどと近い
猊鼻渓は船下りなので乗船券を買おうとすると
先日の台風の影響で奥まで行けず
楽しみにしていた「運玉」投げもできないとのこと
ということで乗船券は2割引き


我が家の周辺ではほとんどと言っていいくらい被害がなかったが
あちこち川の近くでは結構な被害があったようだ
自分たちのところに被害がないばっかりにのんきでいてしまった
被災した方々には1日も早い復興を祈ります
h0003.jpg

でもこうやって被災地の観光をすることでお金が落ち
それが役立つとの意見もあるので
運玉投げはまたの機会に船に乗った

h0005.jpg

砂鉄川は船が行くところは水深が1mほどだという
底まで透けて見えて滔々と流れている
船頭さんの説明(これが良く笑わせてくれる)を聞きながら
ゆったりと進むと水面には鴨がたくさんいて
もちろん餌狙いで船に近づいてくる

川の両側は切り立った崖が続き
藤や紅葉の時期はとてもきれいだそうだ
途中に毘沙門天を祭っている祠があり
もちろん船からお賽銭を投げるのだが届かないことも多いようだ
船頭さんは500円玉が良く飛ぶと教えてはくれたけど…
h0011.jpg

h0016.jpg

上流は台風の影響で土砂が流れ込み
川底が浅くなってしまったとのこと
運玉を投げるところにある橋も押し流されたということで
大猊鼻岩までは船が行けず引き返す
それにしても行き交う船が多い
もちろん観光局満載でだ
帰りは船頭さんの「げいび追分」を聞きながら船着き場へ

今度こそは運玉投げをしに来るぞ!と心に誓う奥ちゃまだった









にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 一関情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2019/10/17(木) 19:37:52|
  2. 記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大雨

11日からこのあたりも
台風の影響で大雨とのことで
結構な雨が降ったり少し治まったり

そして13日の朝起きてみると
我が山家荘は
通り道に敷いてあった木のチップは流れ
かなり大きな幹が折れた木も数本
h5440.jpg

毎回大風の時にはあちこちで枝が折れたりするので
今回も多少は予測はしていたが
結構若い木が折れているのには驚いた
今回はすごい風が吹くとニュースでも言ってはいたが
家の中にいるとそんなに風の音は感じられなかった為
若木にも影響があったのでびっくりというところ


他にもコスモスは根からぶっ倒れ
きれいな花を咲かせ始めたシュウメイギクも横倒し
丈の短い草花までそろって横倒しになっている
h5421.jpg

コスモスは花ももうそろそろ終わるし
支柱を強化してもなんだか汚くなったので
あきらめて抜くことにした

コスモスの隣のマリーゴールドや
今が盛りのシュウメイギクなどは
何とか支えを付けたりしてまっすぐにする
h5422.jpg


他にも敷地の入り口につるしてあった看板は行方不明
慌ててあたりを探すと別々の方向に飛んでいた
ありがたいことに看板自体は壊れていなかったので
今度は金具が外れないようしっかりと吊るす


傘立てに入れてあったかさもびっしょりだったので
傘を出して乾かそうとしたら
傘の中から水がどっと出てくる始末
そして残念なことに傘立ての底が抜けていた
h5433.jpg

素焼きなの水には弱いことはわかっていたが
今まで焼いた素焼きの作品を
外に放置(展示)してあるものが雨で壊れたことがなく
数年は大丈夫だろうと思っていたのだが
見事に底の部分がない

あとは特に目立った傷や壊れた部分がないので
底が抜けたまま傘立てとして使うことにする
やっぱり来年の野焼き祭りの作品は傘立てを作ろう!









にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 一関情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2019/10/13(日) 10:19:31|
  2. 記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ